今、日本中の歯医者さんで行われている一般的な保険診療で行う虫歯治療は「虫歯部分を大きく削り取り削った部分は型取りをし被せものを接着材でくっつけフタをして治療が終了」というものです。多くの方は治療が終わったら「ああ、これで虫歯は治ったからもう大丈夫」と思っていらっしゃいます。実はこのプロセスの中に虫歯が再発する原因があるのです。一度治療した歯は、虫歯が再発しやすい状態になるのです。そのことを患者さんは知りません。今、日本国内のほとんどの歯科医院で行われている虫歯治療はあなたがよく知っている「虫歯部分を大きく削りとって被せ物でフタをする」という治療なのです。歯を大きく削り取るので当然、痛いです。痛いから麻酔の注射が必要です。虫歯を削り取った後、穴があいた部分には型取りをした被せ物をかぶせます。しかし一度削った歯と被せ物の間を完全に封鎖することはできません。どうしても隙間ができてしまうのです。お口の中って、実は菌でいっぱいなんです。どんなに歯磨きで綺麗にしていても口の中には絶えず菌が存在しているのです。菌は歯と被せ物の隙間から内部へ侵入します。目には見えません。しかしばい菌の内部侵入はずっと起こっています。そして、ばい菌が内部まで侵入しきった段階でまた「歯が痛い」ということが起こります。再発です。歯が痛み出すのはばい菌があるから、です。再発したら再治療です。再治療する時には歯をまた大きく削り取らなくてはいけません。歯の神経を取らなくてはいけない場合もあります。

歯を削れば削るほど悪くなるって知っていましたか?メルマガ配信中

虫歯を削るから歯はどんどん悪くなります。歯を削る前に知っておきたい7つのことをお伝えしています。ぜひご登録下さい。