こんにちは。香川県高松市の吉本歯科医院の院長、吉本彰夫です。あなたは知っていますか?歯は削れば削るほど悪くなり寿命が短くなることを。今、日本のほとんどの歯科医院で行われている虫歯治療は「悪い部分は削り取り被せ物でふたをする」という治療法です。そして日本中で行われている歯科治療の8割が「過去に受けた治療の再治療」であるという事実を知っていますか?また従来の虫歯治療は虫歯を大きく削り、さらに痛いというのが当然です。どんなに麻酔を上手に行っても歯を大きく削り取るため歯はどんどん少なくなります。多くの方はこの事実をあまりご存じありません。吉本歯科医院では「できる限り歯を削らず薬で治す神経を残す歯の治療」を行っています。

今まであなたが「あたりまえ」のように受けてこられた歯の治療とは考え方が全く違います。削って詰めて治すのがあたりまえと思われている方が日本ではまだまだ多いです。どうぞこのページを詳しくお読み下さい。そして歯を削らず薬で治す歯の神経を取らずに残すそんな選択肢があるのなら治療を受けてみたいとお考えになられた方は、吉本歯科医院へご相談を頂ければと思います。

香川県で削らず薬で治し神経を残す治療なら吉本歯科医院へご相談下さい

無料メール相談はこちらからどうぞ