MENU

歯を削らず薬で治し神経を残す治療があることを知って頂きたい

知っていますか?歯は削れば削るほど再発しやすい状態になってしまいます。

こんにちは。香川県高松市の吉本歯科医院の院長、吉本彰夫です。あなたは知っていますか?歯は削れば削るほど悪くなり寿命が短くなることを。今、日本のほとんどの歯科医院で行われている虫歯治療は「悪い部分は削り取り被せ物でふたをする」という治療法です。そして日本中で行われている歯科治療の8割が「過去に受けた治療の再治療」であるという事実を知っていますか?また従来の虫歯治療は虫歯を大きく削り、さらに痛いというのが当然です。どんなに麻酔を上手に行っても歯を大きく削り取るため歯はどんどん少なくなります。多くの方はこの事実をあまりご存じありません。吉本歯科医院では「できる限り歯を削らず薬で治す神経を残す歯の治療」を行っています。

今まであなたが「あたりまえ」のように受けてこられた歯の治療とは考え方が全く違います。削って詰めて治すのがあたりまえと思われている方が日本ではまだまだ多いです。どうぞこのページを詳しくお読み下さい。そして歯を削らず薬で治す歯の神経を取らずに残すそんな選択肢があるのなら治療を受けてみたいとお考えになられた方は、吉本歯科医院へご相談を頂ければと思います。

歯は削るからまた虫歯になるって知っていますか?

虫歯を削って詰めて治す治療を繰り返しているとあなたは近い将来多くの歯を失ってしまいます。

今、日本中の歯医者さんで行われている一般的な保険診療で行う虫歯治療は「虫歯部分を大きく削り取り削った部分は型取りをし被せものを接着材でくっつけフタをして治療が終了」というものです。多くの方は治療が終わったら「ああ、これで虫歯は治ったからもう大丈夫」と思っていらっしゃいます。実はこのプロセスの中に虫歯が再発する原因があるのです。一度治療した歯は、虫歯が再発しやすい状態になるのです。そのことを患者さんは知りません。今、日本国内のほとんどの歯科医院で行われている虫歯治療はあなたがよく知っている「虫歯部分を大きく削りとって被せ物でフタをする」という治療なのです。歯を大きく削り取るので当然、痛いです。痛いから麻酔の注射が必要です。虫歯を削り取った後、穴があいた部分には型取りをした被せ物をかぶせます。しかし一度削った歯と被せ物の間を完全に封鎖することはできません。どうしても隙間ができてしまうのです。お口の中って、実は菌でいっぱいなんです。どんなに歯磨きで綺麗にしていても口の中には絶えず菌が存在しているのです。菌は歯と被せ物の隙間から内部へ侵入します。目には見えません。しかしばい菌の内部侵入はずっと起こっています。そして、ばい菌が内部まで侵入しきった段階でまた「歯が痛い」ということが起こります。再発です。歯が痛み出すのはばい菌があるから、です。再発したら再治療です。再治療する時には歯をまた大きく削り取らなくてはいけません。歯の神経を取らなくてはいけない場合もあります。

歯の神経を安易に取ってはいけない理由

歯の神経を取った歯は「死んだ歯」になります。

歯の神経を取るメリットと、デメリット

歯の神経を取るとその歯は「死んだ歯」ということになります。枯れ木と同じ状態なのです。枯れ木には栄養が行きません。ほんので少しの衝撃で簡単に折れてしまいます。噛む力に耐えられる強度はありません。歯の神経を取った歯の強度は10分の1まで一気に落ちます。歯の神経を安易に取ってはいけません。「歯の神経を取る」メリットほとんどありません。逆に歯の神経を取ることのデメリットこれはいっぱいあります。

歯を削らず薬で治す治療で患者様が得られるメリット

選ぶ権利は常に患者さん側にあります。

歯を削らず薬で治し神経を残す治療で患者さんが得られるメリット

✅1つ目のメリット 歯の寿命な延ばせます。

歯は削れば削るほど虫歯が再発しやすい状態になります。治療した歯が再発した場合には、また歯を大きく削り取り治療しなおなさくなていけません。歯を削る度に歯どんどん薄くなり神経に近くなります。神経に近くなると痛みが出やすく痛みが出た場合には神経を取ったり、歯を抜くしか手立てはなくなります。歯をできるだけ削らず薬で治すことができればあなたの歯の寿命は格段に延ばすことができます。

✅2つ目のメリット 神経を残すことができます。

一般的な歯科治療では、歯の神経にまでばい菌が到達している状態になると、「歯の神経を取る」という治療しか選択肢はありません。吉本歯科医院の薬で治す治療法であれば他医院では「歯の神経を抜かなくてはいけない」と診断された症例でも多く歯の神経を残すことに成功しています。

✅3つ目のメリット 痛みが少ない

歯を大きく削り取るという治療を行わないため、一般的な歯を大きく削る治療に比べ痛みが少ないです。歯が痛むのはそこにばい菌があるから、です。菌を殺すことができれば痛みはうそのように消えます。

✅4つ目のメリット 治療期間が少ない(長引く歯の神経治療でお悩みの方)

歯の神経治療を受けられ半年以上も痛みが引かない、半年以上、治療に通っているが治らない、という患者さんが多くご相談にお見えになります。吉本歯科医院では、通常1回から2回の治療アプローチでそのお痛みは消えます。成功の鍵は特殊接着封鎖技術により菌を殺す薬剤を完全封鎖することです。

 

吉本歯科医院の院長、吉本彰夫は四国で唯一の接着歯学会認定医です。特殊接着封鎖技術を用い、痛みのもとである菌を殺し、歯を削らず薬で内部修復を促します。歯は破壊される原因は2つあり、①ばい菌と②咬合性外傷です。①②にアプローチし、歯の寿命を延ばすことに成功しています。

吉本歯科医院へのアクセス

四国各地より削らない治療を求めて患者様がお越しになられています。

院長紹介

咬み合わせ専門医、四国で唯一の接着歯学会認定医

ご予約・お問い合わせ

吉本歯科医院では無料メール相談を行っております。どうぞお気軽にご連絡下さい。

吉本歯科医院では無料メール相談を行っております。私の場合はどうなるの?治療中だが不安がある、歯に関すること治療に関することメールでご相談頂きましたらお返事させて頂きます。頂いたメールには必ずお返事をさせて頂いております。(診療日3日以内、休診日、日曜祝日は除きます)必要事項をご記入の上、「送信」をクリックして下さい。もし一週間を過ぎてもお返事がない場合には、サーバ上の問題でお受けできていない可能性がございます。吉本歯科医院(info@@8181118.com)までお知らせ下さい。(@マークをひとつ削除して送信してください。)

無料メール相談はこちらからどうぞ初診のご予約受付メールはこちらからどうぞ

歯の寿命を延ばすメール講座

歯を削る前に知っておきたい7つのことを配信しています。知って頂くだけで確実に歯の寿命を延ばします。

多くの方は本来であればもっとご自分の歯を残すことができたにも関わらず「知らなかった」というだけで、または間違った常識をお持ちのために多くの歯を失い続けています。歯を失う理由をきちんと知ることで、将来あなたはご自分の歯を残せるかどうかが決まります。開業以来多くの患者さんと接してきました。多くの歯を失ってしまった方は「吉本先生、どうしてこんな大切なことを今まで誰も教えてくれなかったのでしょうか?」「もっとはやく知っていたらこんなにも歯を失うことはなかった」こうおっしゃいます。先に、お伝えしておくことで将来多くの歯を失い、食べること噛むことで苦しまれることを回避することができると思いました。どうぞお気軽にお申込をして頂き読んでみて頂けると嬉しいです。