虫歯ができたら削って詰める治療を繰り返しているとあなたは近い将来歯を失います

吉本歯科医院には歯を削らない治療を求めて各地からお越しになられます。虫歯は削れば削れば悪くなる、さわれば痛みが出る、治療すればするほど悪くなる、この意識はは私たち吉本歯科医院の中では「あたりまえ」です。しかし、まだまだ日本では虫歯を削って詰める治療が一般的です。あなたも歯が痛くなったり、虫歯かなと思い歯医者さんに行けばほぼ100%歯を削って被せ物を詰めて治すという治療を受けてこられてきたかと思います。虫歯は削って治すもの、と思い込んでいるとそれが「常識」となり、そんなものか、と受け入れていきます。そして痛くなったり悪いところが出るたびに歯を削り再発を繰り返しいずれ「歯の神経を取らなくてはいけない」または「歯を抜かなくてはいけない」状態にまでなっていきます。私の医院、吉本歯科医院ではそもそも歯を削って治すという一般的な治療を行っておりません。私の医院で使用るする薬剤、機械、技術すべてが皆様方が一般的に受けてこられた治療とはまったく違い工程で行われます。歯は削るから神経に近くなり、痛みがではじめるのです。歯が痛むのはそこにばい菌が存在するから、です。ばい菌がいなくなればウソのように痛みは消えます。歯をできる限り削らず薬で治し、神経を残す治療があるんだということを知って頂きたいと思います。選ぶ権利は患者様にあります。

投稿はありません。