歯を削るから虫歯がどんどん悪くなる

削るから虫歯になるってご存知ですか?

吉本歯科医院には、歯を削らない治療を求めて受診される方が非常に多くいらっしゃいます。

さまざまな啓蒙活動を10年以上かけて行ってきた成果がじわりじわりとボデイブローのように患者さんに伝わっていってることを感じ、「お伝えし続ける」「継続する」ことの重要さを改めて感じています。
私たち吉本歯科医院のスタッフの中では虫歯は削れば削るほど悪くなるさわれば、痛みが出る治療すればするほど悪くなるということは「あたりまえ」です。
その「あたりまえ」は長年私のもとで勤めてくれているスタッフの意識へ浸透しスタッフの意識は長年通い続けて来て下さっている患者さんの意識へと
浸透しています。
しかし、まだまだ一般的な虫歯治療といえば虫歯を削って詰める治療が日本では一般的です。
だから、吉本歯科医院の削らない薬で治す治療をご存じない方がお越しになられると
虫歯ができてるのに、削って治療して治してくれないんですか?」という話になってしまうことが、あります。
 
歯は一度削ると、もう二度と元には戻りません。
一度削った歯はどんどん薄くなります。
削る量が多くなると
歯の神経に近くなります。
歯の神経に近くなると、
当然「歯が痛い」という状態になります。
歯が痛い、歯の神経が痛い
と患者さんがおっしゃると
「では、歯の神経を取りましょう」
という治療になります。
もし、あなたが歯が痛いなあ、虫歯だなあと思って
近所の歯医者さんに駆け込んだ場合
ほぼ、虫歯である部分を大きく削って詰めて治すという治療になります。
それが日本の一般的な虫歯治療だから、です。
虫歯は削って治すもの、それが常識だと思っていると
そういうものだ、とその治療を受け入れていきます。
そして、どんどん歯を削り
再発を繰り返し
歯の神経を取る治療を繰り返します。
歯の神経を取った歯の強度は
10分の1まで落ちます。
枯れ木と同じですので
少しの噛む力で
あっけなく折れたり、割れたり故障します。
そうなったら、最後は
「もうこの歯は抜かなくてはいけませんね」
という診断になります。
そして抜歯。
歯を抜きますので、
その部分は何もない状態になるわけ、です。
私の医院、吉本歯科医院では
そもそも歯を削って治すという一般的な虫歯治療
行なっておりません。
使っている薬剤、機械、技術、すべて従来型の虫歯治療とは
まったく違った工程になります。
歯は削るから神経に近くなり
痛み始めるのです。
歯医者が触るから、治療するから
痛みが出始めるのです。
歯が痛むのは
そこにばい菌が存在するから、です。
菌がいなくなれば、痛みはウソのように消えます。
削らない治療、薬で治す虫歯治療があるということを知って下さい。
選択肢を選ぶことができる時代に入っているんです。

Follow me!

吉本歯科医院への初診ご予約はこちらからどうぞ

初診のご予約はこちらからどうぞ