妊娠したらできなくなる歯の治療の内容

妊娠したらできなくなる歯の治療の内容を

お話します。

 

妊婦さんが
「歯が痛いんです・・・」
「親知らずが腫れてパンパンなんです・・・」
とご相談にお見えになることが、あります。

 

どうにかしてさしあげたいのですが
実は妊娠されている妊婦さんにできる歯科治療
本当に限られてしまうのです。

 

妊娠出産後の
授乳中のお母様も同じです。

 

妊娠中は、妊婦さんの口の入れたもの
体内に入ったものがそのまま
胎児へ影響を及ぼします。

 

出産後、授乳中は
お母さんの授乳を通して
赤ちゃんへダイレクトに
食べたものや、体内に入ったものが
影響を及ぼします。

妊娠すると、
その後、出産
出産後、授乳生活です。

赤ちゃんが1歳を過ぎるまでは
人によっては
ほとんどお母さんは眠れない人もいます。

お母さんは
本当に大変ですよね。

そんな時、
歯が痛くなったり
ほっぺがパンパンに腫れるほど虫歯が悪化していたり
親知らずが腫れてしまったりすると
もう、泣くに泣けません。

 

歯医者さんに行く時間も取れないのが
現実なのに
歯医者さんに行けたとしても
妊婦さんにできる歯科治療は
本当に限られています。

 
妊娠したらできなくなる歯の治療内容

麻酔の注射

痛みを感じさせなくするため、歯科治療には麻酔を行いますが

妊娠されている方、授乳されている方には

麻酔はできません。

 

 

 

抜歯

麻酔もできないので、歯を抜くこともできません。

歯を抜いた後は、抗生物質を処方し、炎症を押さえるのですが

そのお薬を処方することも妊婦さん、授乳中のお母様には

できません。

 

 

 

歯茎の奥の深い部分のお掃除

患者さんによっては
歯肉(歯茎)の奥の方にまで
バイ菌が入り込み
こびりついていることがあります。

バイ菌が奥まで入り込んでいる場合には
麻酔をしてから
深い部分のお掃除を
機械で取り除きます。
この治療ができません。

できないため
バイ菌がつまって歯がしみたり
歯が痛くなったり、ということが
起こります。

投薬

炎症を押さえたり
ばい菌を殺したり
痛みを鎮静させたり
といったお薬は一切処方できません。

おなかの赤ちゃんへの影響を考えるからです。

そして授乳中のお母様へも同じです。

授乳を通じてお薬がお子様へダイレクトに向いますので
お薬を飲んでいただくことができません。

どうぞ、これから妊娠する可能性がおありになる女性は
妊娠する前に、
お口の状態を知って下さい。

痛みが出そうな場所はないか?
歯に汚れはついていないか?(汚れがついているとしみたり腫れたりします)
噛み合わせはどうか?

多くの妊婦さんや
授乳中のお母様が私共にお越しになり
「ああ・・・・、こんなことなら妊娠する前にちゃんとしておけばよかった」
と悔やまれます。

先に知っておくことで
対処できることは
あるんです。

どうぞ、知って下さいね。

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
香川県高松市。かみあわせ専門 吉本歯科医院 院長 歯学博士。歯を削らない歯科治療、歯の神経治療について専門的な情報を発信。四国で唯一の接着歯科学会認定医。歯を削らず虫歯で治す虫歯治療を行っている。歯医者さんが教える歯を失わない話を各地で講演、セミナー実施。放送大学講師

歯を削れば削るほど悪くなるって知っていましたか?メルマガ配信中

虫歯を削るから歯はどんどん悪くなります。歯を削る前に知っておきたい7つのことをお伝えしています。ぜひご登録下さい。